①人口と人口変化率の推移

①人口と人口変化率の推移

横瀬町では、他の多くの自治体と同様、戦後の復員やベビーブームに伴って昭和22 年に人口が増加し、昭和15 年の6,359 人から6,957 人となっています。高度経済成長期を含む昭和25 年から昭和55 年まで、他の多くの自治体では東京圏等への人口流出による人口減少を招いていますが、横瀬町では大きな人口の減少はなく、増加傾向で推移しています。さらに、いわゆるバブル経済期を含む昭和55 年から平成7年にかけても人口が増加しています。平成7年以降は、社会的な少子高齢化に伴い、人口が減少しています。
出典:横瀬の統計P4~P6,横瀬町人口ビジョンP3~P5