1. 横瀬町も盛り上がりました 秩父夜祭!

横瀬町も盛り上がりました 秩父夜祭!

12月3日

ユネスコの無形文化遺産に登録された「秩父夜祭」が開催されました!

登録直後の開催ということで、全国から注目されたこのお祭りですが….

12月2日と3日の2日間で

延べ38万人(主催者発表)もの観光客が訪れたそうですよ!

秩父郡市(秩父市、皆野町、長瀞町、小鹿野町、横瀬町)

の人口がおよそ10万人ですので、

どれだけ多くの方が来ていただいたのかが分かりますね。

そして、秩父夜祭と言えば冬空に打ち上げられる花火です!

冬の花火って、珍しいですよね。

%e8%8a%b1%e7%81%ab%ef%bc%91
近すぎて画面に収まりきりませんでした笑


打ち上げ場所が横瀬町と秩父市の境目なので、横瀬町からも良く見えるんですよ~

お祭りの中心から少し離れて、ゆっくり見たい時は、横瀬町から見てみてはどうでしょうか?

%e8%8a%b1%e7%81%ab%ef%bc%92

上の写真2枚はどちらも同じ花火の写真です。

始めはピンクだった花火が、次の瞬間には青く変化していました、不思議ですね!


こちらは動画です↓↓

※大きな音が流れますので再生する際は注意してください。

※データ容量が大きいのでwi-fiに繋いで再生することをお勧めします。

%e7%a7%a9%e7%88%b6%e5%a4%9c%e7%a5%ad%e5%8b%95%e7%94%bb%ef%bc%88%e4%bd%bf%e7%94%a8%e5%be%8c%e5%89%8a%e9%99%a4%ef%bc%89

 







ところで、横瀬町でも昔は花火が盛んに打ち上げられていたそうです!



先日、横瀬町歴史民俗資料館 にいらっしゃる深田学芸員にお話を聞いてきました。

深田学芸員は

「横瀬町の歴史なら全て知っているんじゃないか!?」

と思わせるくらいの知識を持っている方なんですよ!





深田学芸員によると

————————————————————————————————

 ・昔は昼間に打ち上げていて、煙しか見えない為、

 花火ではなく「煙火」と呼ばれていた。

・盛んだった花火(煙火)が廃れてしまったのは、

 関東大震災が起きた際に花火器具を売却して、

 被災地に募金を行ったからである。

・花火(煙火)の材料に当時の巻物などを再利用していたため、

 横瀬町には古文書が少ない。

・横瀬町の花火(煙火)が、現在の秩父夜祭の花火に繋がっている(らしい)

————————————————————————————————

 花火に関することだけでも、こんなに沢山のことを教えていただきました。





広報よこぜ12月号(P13)では横瀬町のイメージキャラクター「ブコーさん」

が資料館の紹介をしているのでぜひ読んでみてください!





資料館には花火以外にも札所、化石、石器、人形芝居等に関する資料があります。

深田学芸員がいらっしゃるときであれば、これらについてもお話しを聞ける

…かもしれません。

 

 

横瀬町歴史民俗資料館

 電話  :0494-24-9650

 住所  :埼玉県秩父郡横瀬町大字横瀬2000番地

   (横瀬町町民会館の裏にあります)

    西武秩父線横瀬駅から徒歩7分ほど

The following two tabs change content below.
邉見翔吾
横瀬町まち経営課 政策・秘書・広報グループ所属 よこらぼ担当のうちの1人として活動しています。 よこらぼマガジンへのご意見・ご要望がありましたら、まち経営課までご連絡ください!0494-25-0112